読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXはラインブレイクで勝つ!

FXは常にブレイクに乗って利食いを得て行くもの。トレード歴5年以上の管理人が明かすブレイクアウト戦略を公開

ドラゴンストラテジーFXは一生稼げるロジックなのか?

f:id:flashzonefx:20170427135701p:plain

 

”売り・買いのタイミングをサインでお知らせ!”

と、人気が高い、ドラゴンス・トラテジーFXですが、

 

ドラストFXを実践しながら、管理人が学んだ事を

記事にまとめてみました▼


ドラゴンストラテジーFXの意味とは、

平均足の周りを覆っている「ドラゴンバンド」が

まるでドラゴンに見えるから?

。。。。。と勝手に解釈しています(^^;

 

きちんと、ルール通りにエントリーすれば、

トレンドに乗って利益に繋がり易いロジックです▼

f:id:flashzonefx:20161226100800p:plain

 

 この技は決して難し事では有りません。

練習すれば、誰でも見に付くプロの思考です。

 

特典コンテンツも豊富で、

こちらも利益に繋がる要素が沢山詰まっています▼

f:id:flashzonefx:20170427140658p:plain

 

f:id:flashzonefx:20170302085012j:plainf:id:flashzonefx:20161226104042j:plain

 

 FXで稼儀続ける「ルール」は意外とシンプル?

 

f:id:flashzonefx:20170427141010j:plain

 

 この世界は、決して聖杯は有りません。

しかし、無いと言うと嘘であり、

聖杯に近い戦略は存在します。

 

一度勝ち方を覚えたら、

後は、ひたすらルールを貫くのみ。

 

管理人がこの6年間トレード経験で学んだ事は、

相場で生き残る為には、

 

 

勝率の高いタイミングにエントリーを絞り、

適度なタイミングでクローズしていく。

 

たったこれだけなんですよね。

FXで勝ち続ける為のルールって。

後は、負けた時にどう対処していくかが重要で、

 

損切りは、必要経費と割り切って しまえば

精神的にも楽になります。

 

 

とにかく、自分に見合った手法を見つけることが、

トレードを継続していくコツだと思います。

 

ドラストのような、トレンドフォローロジックは、

大勢のトレーダーに意識され易いので

その分優位性が高いののです。

 

 ダウ理論をフルに活かせる王道ロジック

f:id:flashzonefx:20161226095804p:plain

 

上記は、今年の初め頃の検証チャート。

今後も勝ちパターンは変わらないでしょう。

 

上記のパターンは、

押し目買いを狙ったエントリーパターン。

 

過去チャートですと、何処で押し目を狙えば良いのか

簡単に分かってしまうのですが、

動いているチャートだと、簡単では有りません。

 

しかし、ドラゴンバンドなどを活用すれば

押し目や、戻り売りを狙いやすくなります。

こうした少しの裁量を加えることが大事なのです。

 

ドラゴンストラテジーFXを使いこなして行くためのノウハウが

会員ページなどでも公開されています。

 

是非そちらも参考にるすと良いでしょう。

※特典付きレビューはこちら▼

fxvictry.com

 

所で、裁量判断はどうしたら見に付くのか?

悩んでいる人も多いことでしょう。

 

裁量判断なんて、一種の概念のようなものですから、

これと言った決まりは無いと思います。

 

強いて言えば、トレンドの初速~収束のタイミングを

チャートから判断していきながら

そこから上手い具合に利益に繋げて行く事だと思います。

 

尚、当サイトでは以下の特典を差し上げています▼

 

f:id:flashzonefx:20161226114809p:plain

f:id:flashzonefx:20170427135510j:plain

 

 この特典は、当方経由でドラゴンストラテジーを購入された方

全てに差し上げています。

 

内容は、私がこれまでのトレード経験から辿りついたもので、

もちろん、裁量判断向上が目的のレポートです

 

この様に、複数の通貨ペアでも利食いが可能になります▼

f:id:flashzonefx:20170115115132p:plain

 

未だ、ドラストをお持ちでない方は

是非私の特典もゲットして下さいね!

 

>>ドラゴンストラテジーFXを特典付きでゲットする!

 

 

このエントリーの関連記事

fxtousi.hatenadiary.jp